NNG2009 開催のお知らせ

 NNG2009•2

2009.8.27[THU]
開場18:00 開演19:00
at 北沢タウンホール
一般  前売り2,500円
当日 3,000円
中学生 前売り1,000円
当日 1,200円

出演者

・ALABAMA CROSSOVER  アラバマクロスオーバー

尾崎一宏 (Sax) , 板垣光弘 (Pf.) , 河本奏輔 (B.) , 狩野丈二(Dr.)

・NNG2009 Ensemble X Openreel Ensemble  with strings quartett

<NNG2009 Ensemble

ナターシャ・グジー(バンドゥーラ、Vo.)、井上鑑(Key.)  And More

<Openreel Ensemble  with strings quartett>

和田永(オープンリール 他)、吉田悠(オープンリール 他)、

難波卓巳(Pf. ,Vl.) And More

No Nukes Gig 2008 (終了しました)

2008.8.28[THU]
開場18:00 開演19:00
at 北沢タウンホール
一般  前売り2,500円
当日 3,000円
中学生 前売り1,000円
当日 1,200円

出演者

ネクライフ

野崎大雅 (Vo.& Pf.) , 福井直規 (Dr.) , comi (B,) , yuji (G.)

・クリストファー・ハーディ&新谷祥子 (Percussion Duo)

・NNG2008 Ensemble

ナターシャ・グジー(バンドゥーラ、Vo.)、金子飛鳥(Vln.)、き乃はち(尺八)、 井上鑑(Key.)  And More

会場地図

北沢タウンホール

チラシ

NNG2008

NNG2008

出演者追加情報

駆けつけてくださるアーチストがこんなに増えました!
こんなアンサンブル滅多に聴けるモノではありません。

仙波清彦・パーカッション

高橋香織・ヴァイオリン

金原千恵子・ヴァイオリン

志賀恵子・ヴァイオリン

笠原あやの・チェロ

古川昌義・ギター

恵美直也・ベース

ナターシャと歌うシンガー達が決まってきました!

槇みちる、広谷順子木村真紀菅井えり比山貴咏史

木戸泰弘やまがたすみこ、他の皆さん

主催・企画・制作
NNG2008実行委員会
後援
世田谷区、世田谷区教育委員会
お問い合せ
PWS RECORDS 03-5477-5126
Mail
nonukesgig@yahoo.co.jp

チケットをご希望の方はフォームからご予約頂けます。
PWS RECORDSにお電話もしくはメールでも承ります。
当日、受付に取り置きで前売り料金となります。

No Nukes Gig 2004

2004.9.9

at 北沢タウンホール

ISSIN

飯沼有希 [p&cho]、飯沼藍子 [Vo]

ISSIN

ISSIN

ISSIN

TOYONO

TOYONO[Vo]、伊藤ゴロー [g]、阿部浩二 [g]、福和誠司 [per]、BIC [per]

TOYONO

TOYONO

TOYONO

ナターシャ・グジー

ナターシャ・グジー[Vo, バンドゥーラ]、井上 鑑 [p]、川村昌子 [琴]、丸太美紀 [琴]

ナターシャ・グジー

ナターシャ・グジー

ナターシャ・グジー

ナターシャ・グジー

STAFF

主催・企画・制作
NNG実行委員会
後援
世田谷区
音響
INOXサウンドデザイン
照明
山口明子、日本工学院有志
制作
PABLO、T-off、チームアクティブ、反核日本の音楽家たち
世田谷反核平和コンサート実行委員会

NNG TRUST/NNG実行委員会

井内舞子、池田朝子、井上鑑、井上寿美子、大森祥司、立石裕之、佐藤由紀子、瀬田香織、荻原るり、福地淳子、森末牧子、辰田翔
Special Thanks to…
NNGを勝手に応援する会 京都支部

すべての有形無形の支えとご来場いただいた皆様に、ありがとう。

当コンサートは「せたがや文化平和月間」の一環として開催されています。

No Nukes Gig 2002

2002.9.6

at 北沢タウンホール

Percussion Jazz Descargas

コガワナオアツ:timb  柴田理絵:conga  金子真美:marimba
望月けいこ:vib  小林綾:piano  川本悠自:bass

Percussion Jazz Descargas

国立音大パーカッション科卒業生有志で結成されたPercussion Jazz Descargas。 底抜けに明るいデスカルガ(ジャムセッション)を繰り広げる彼らの演奏は まさしく奔放で自由そのもの。「音楽が本当に楽しい!」といわんばかりの 笑顔が眩しく光っていました。

ukulele club

松宮幹彦:ukulele  渡辺賢一:guitar

ukulele club

ひとりでも、ふたりでも、さんにんでも、それはウクレレクラブ。軽妙でおしゃれな ウクレレサウンドは、あいにく雨だったNNG2002の会場に爽やかな風を呼んでくれました。 そのテクニックには脱帽!!

南部合唱団 なんぶ太鼓教室

南部合唱団 なんぶ太鼓教室

南部合唱団の郷土部が呼びかけて誕生したなんぶ太鼓教室。開設当初は大人の団体でしたが いつのまにか子供達が増えていったとのこと。年齢もさまざまなメンバーの演奏の トレードマークは“元気印の笑顔”。子供達の威勢のいい掛け声に客席でも思わず笑顔が こぼれてしまいます。

佐藤通弘

佐藤通弘:津軽三味線  佐藤通芳:津軽三味線

佐藤通弘

先駆者として様々な国際的セッションのなかで津軽三味線の可能性を広げてきたアーティストである 佐藤通弘さん。そのたたずまいと津軽三味線の気迫には孤高の野武士のようなイメージが重なります。

佐藤通弘

共演者はなんと高校生の息子さん。ふたりが描く音世界には日本人が忘れがちな 「伝え受け継ぐこと」の大切さも感じられました。

ナターシャ・グジー

ナターシャ・グジー:Vo&バンドゥーラ
川村昌子:琴  丸太美樹:琴  井上 鑑:key

ナターシャ・グジー

ナターシャは6歳の春、チェルノブイリ原発から3.5キロ離れたプリピャチ市で被曝しました。 今、ナターシャは22才。忘れることの許されない記憶を、音楽に託して歌い継ごうとしています。 ギリシャに起源を持つウクライナの民族楽器バンドゥーラを弾きながら、彼女の歌声は会場に 静かに深く響いていきます。

ナターシャ・グジー

アルバム「セルツェ‐こころ」(音楽センター)を発売したナターシャ。「音楽は生きる力を与えてくれる 大切なもの」と語る彼女は作詞作曲も手がけています。 「いいえ これは夢ではなく現実 未来への 希望の灯が消えてしまいそう なぜなの 教えて」 ウクライナ語の美しい響きに隠された問いかけに、人類はどんな答を返すことが出来るのでしょうか…。

ナターシャ・グジー

「この歌から愛を学んだ 信じている たとえ時が移り変わっても 愛に包まれたこの歌は  いつまでもこだますると 『この愛の歌を育んでくれたのは お父さん お母さん あなたたちよ』」  彼女の歌声、言葉、人生そのものがメッセージであると会場の誰しもが感じたNNG2002でした。

STAFF

主催・企画・制作
NNG実行委員会
後援
世田谷区
音響
INOXサウンドデザイン
照明
(有)創光房 大鷲良一
制作協力
PABLO、T-off、チームアクティブ
反核日本の音楽家たち
世田谷反核平和コンサート実行委員会

No Nukes Gig 2001

2001.9.7

at 北沢タウンホール

鼓だぬき会

佐藤暢哉・須田紗織・渡辺晃次・伊藤直之・伊藤萌
鈴木良平・武居佳奈子・中西智子・渡辺訓禎・野口顕史
前野太郎・緑川拓・高橋健吉・武居正典・鈴木森生
飯塚愛・伊藤幸太・坂下智麻・飯塚拓哉・上野允
(指導:佐々木美緒子 代表:飯塚明子)

鼓だぬき会

鼓だぬき会は小学校3年生から大学生までの様々な年齢の子供達が和太鼓の練習や 発表を通して互いに成長しあっている会で、創立17年になります。町田市鶴川を拠点に 地域のお祭りや自治会の催しなどに出演しています。 今回出演してくれたのは中学1年生から高校3年生までの20人。プロ顔負けの太鼓で 「八丈太鼓 組曲『海』」と「秩父屋台はやし」を披露してくれました。 清々しく勇壮なその太鼓といったら!心に響いて涙が出たという声も聞かれました。

THE 7th HEAVEN HEART CONNECTION

石川幸恵・上田明子・柿田 薫・笠原真紀子・北川裕子
木田裕己・工藤友美・工藤暢子・小泉奈津子・佐藤律子
諏訪絵里子・竹本初也・竹本由美・鶴岡美和子・中野愛子
中村 恵・貫井ヒロ子・松野孝子・山際祐子

THE 7th HEAVEN HEART CONNECTION

音楽スクールの有志で99年夏に結成され、主に社会人で構成されているゴスペルグループ 7th。 路上ライブなどを行っているその音はエネルギッシュ、そしてスマイル! 本当に嬉しそうに歌う7thの皆さん、楽しいのが伝わってきてつい笑顔になっちゃいますね! 「Let It Be」を客席と一緒に歌う場面などもあり、会場には歌声があふれていました。

寿[Kotobuki]

ナビィ:ヴォーカル
ナーグシクヨシミツ:ギター&三線
友情出演 井上鑑:キーボード

寿[Kotobuki]

沖縄に強い影響を受けながらもあらゆる要素を取り入れた音楽を創り出している寿。 オキナワン・ソウル・ミュージックと呼ばれるその意味がわかるパワフル&ソウルフルな 魅力あふれるステージでした!

寿[Kotobuki]

「伝え合いたい」とたくさんの想いを抱いて歌うナビィさんの声は、心の深い深い場所に 届いていきます。 数々のユンタ(八重山の労働歌)とわらべ唄、オリジナル曲に客席は時に笑い、 時に感動の涙に包まれ、手拍子&歌声が止まることはありませんでした。La~La~La~♪

TATOPANI

ロバート・ベルグラード:アルトサックス&タブラ
クリストファー・ハーディー:パーカッション
アンディ・ベヴァン:ソプラノサックス&フルート&ディジュリドゥ

TATOPANI

ジャズ・インプロビゼーション<即興>をベースに、インド、アボリジニ、中近東、アフリカなどの 民族楽器を取り入れて、独自の音楽世界を作っているタトパニ。 それは大地を思わせるような雄大で温かいサウンド。音が世界中を旅して北沢タウンホールに やってきたような、そんなイメージが描かれたステージでした。

TATOPANI

ディジュリドゥ、バーンスリー、パンデイロ、タブラ、リック、フレーム・ドラム、 ダラブッカ…ステージに並んだ民族楽器の数々とその演奏テクニックにも目がクギづけ! それぞれの音が不思議と懐かしい…そんな空気に包まれてNNG2001は幕を閉じたのでした。 気持ち良かったですねぇ~。ほぉ~。

STAFF

主催・企画・制作
NNG実行委員会
後援
世田谷区、世田谷区教育委員会
音響
INOXサウンドデザイン 井上 朗
照明
(有)創光房 大鷲良一、早稲田大学舞台美術研究会
写真撮影
北井 亮(フリー)
制作協力
PABLO、T-off、中栄印刷工業、チームアクティブ
反核日本の音楽家たち
世田谷反核平和コンサート実行委員会

No Nukes Gig 2000

2000.9.8

at 北沢タウンホール

E音会ハンドベルクラブ

石橋奈保、岩宮瞳、三宮由美、中野幸子、長沢瞳、名倉沙希
渡辺香月、新井眸、三宮麻紀、清水悠、武石佳子、青山忍
赤佐さえ子、山畑直子、浜田均、 後藤珠美、森岡万貴

E音会ハンドベルクラブ

「この会は生活の中で知り合うチャンスの少ない子供たち同士、そして大人たちとの関係に危機感を 抱いた品川区八潮団地の音楽好きの人々によって生まれました。自分たちも楽しみながら交流を 作りだそうと、ハンドベルや大人と子供のアンサンブルを中心に活動しています。」
「星に願いを」などのスタンダードナンバーからオリジナルまで、幅広い音楽を楽しませてくれた E音会の方々。子供達の素晴らしい手さばきとタイミングの絶妙さに、つい唸ってしまいました。 うーん、すごい!

MARKAMASIS

マヌエル・ニーナ:チャランゴ、アベリーノ・ヘルカ:ケーナ、
ホセ・オヘダ:サンポーニャ、保坂大介:ギター

MARKAMASIS

マルカマシスは南米の音楽を演奏するペルー人3人と日本人1人のグループ。ケーナ、 サンポーニャ、チャランゴなどの民族楽器を使ったリズミカルで熱い音楽を届けてくれました。 ペルーの賑やかなお祭りが下北沢にやってきたようでした!

THE VOICE PROJECT

やまがたすみこ:ヴォーカル、鈴木精華:ヴォーカル
比山貴咏史:ヴォーカル、金子飛鳥:ヴァイオリン&ヴォーカル
井上鑑:キーボード、バカボン鈴木:ベース
川村昌子:箏、岡部洋一:パーカッション

THE VOICE PROJECT

クリエーターとして、演奏家として様々な場面で活躍するシンガー3名と箏、ベース、ヴァイオリン、 キーボード、パーカッションの実力派ぞろいのユニークなアンサンブルTHE VOICE PROJECT。 「声」を巧みに織りなした独特のサウンドはさすがです!やまがたさんのMCも楽しかったですね(笑)

岩沢幸矢ベアフットUNIT

岩澤幸矢:ヴォーカル&ギター、マナ:ヴォーカル
ASIA:ギター&コーラス、稲葉智:ギター&コーラス
里村ヨシカズ:パーカッション、京田誠一:キーボード

岩沢幸矢ベアフットUNIT

69年にデビュー以来26枚のアルバムを発表してきた伝説的兄弟デュオ「BREAD&BUTTER」の ひとりである岩沢さんは81年から『ベアフットコンサート』を提唱して、海と海辺を守る運動を 続けています。本当のユニット名は「オハナバンド(ハワイの言葉で”家族”)」。 まさに家族を感じさせる温かいサウンドに会場はやさし~い気分に満たされたのでした。

仙波清彦ユニット

仙波清彦:ドラム、田中顕:パーカッション
佐藤一憲:パーカッション、山田貴之:パーカッション
梶原茂実:パーカッション、ラティール・シー:パーカッション

仙波清彦ユニット

邦楽囃子方仙波流家元の長男として生まれ伝統打楽器奏者として数多くの舞台に立つとともに、 「ザ・スクエア」を初めとする数々のセッションに参加してきた仙波さん。 ドキドキするような新しい音楽を常に世に送り出し続ける師匠の、パーカッションのみの ユニットが面白くない訳が無い!スティックが見えませんって!

仙波清彦ユニット

THE VOICE PROJECTの岡部さんもベアフットUNITの里村さんも飛び入りのセッション大会に突入。 いやはや、恐れ入りました。オレカマ最高! そして盛り上がりのうちにNNG2000は幕を下ろしたのでした。

No Nukes Gig 1999

1999.9.10

at 北沢タウンホール

ラフティーズ・スペシャル

栗原厚裕、伊藤康太、中川隼人、吉松朋子、竹田孝宏、鎌倉博、
和光中学校、和光高校有志のみなさん

No Nukes Gig 1999

「『命(ぬち)どう宝』『イチャリバチョーデー』私達のエイサー隊の旗に書いてある言葉です。 意味は命こそ宝、出会った人はみな兄弟、という意味の沖縄方言(ウチナーグチ)です。 日本でたった一つ悲劇の地上戦があった沖縄の心と、戦争が終わっても基地が残り人殺しの訓練に その土地を使われる沖縄の心。その心をこめて2つの言葉をメッセージにしたいです。」
ラフティーズは和光小学校教職員有志を中心に結成されたエイサー隊。 威勢の良いリズムに沖縄への想いを込めて、1999年のNNGは幕を開けました。

mando

満藤利治:ヴォーカル&ギター
伊藤哲史:ベース、木全祥史:キーボード

mando

98年より実行委員として参加していた彼らが、表現者として出演してくれました。 独特の雰囲気を醸し出すmandoワールド。歌が耳に残ってしまった方も多いのでは? ネッシーネッシーネッシー・・・。

tAke faeVe

常岡瑞江:ヴォーカル、千葉慶子:ヴォーカル、切詰哲嗣:ヴォーカル
竹中一剛:ヴォーカル、田代司:ヴォーカル

tAke faeVe

現役音大生5人によるアカペラコーラスグループ「tAke faeVe」は「テイク・ファイブ」と 読みます。「聴く人の心に通じるような歌を唄いたい」と願う彼ら。 その心地よいコーラスワークに会場からは鳴り止まぬ拍手が贈られたのでした。

おおたか静流

おおたか静流:ヴォーカル、井上鑑:キーボード

おおたか静流

”七色の声”と呼ばれるヴォーカルスタイルでこれまで数百曲のCM音楽を歌い、唯一無二の OHTAKA WORLDを追求し続ける静流さん。やはり「花」では会場からため息が 聞こえてくるのでした。はぁ~。
おおたか静流

おなじみの「みんな夢の中」などの曲に織り交ぜて即興も!きゃー!かっこいい、静流さん!

TakaraMondo

木津かおり:ヴォーカル&パーカッション、
水野詩都子:ヴォーカル&パーカッション、
今福健司:パーカッション、石川浩:パーカッション、
高村文太:パーカッション、 浜口茂外也:パーカッション

TakaraMondo

浜口茂外也率いるパーカッションと唄の世界。西アフリカ、クーバ、ブラジル、アジア等、 世界中の音楽を何のこだわりもなくクロスオーバーしてしまうその音楽は、ワクワクしてくるような 楽しさに溢れていました。会場全体がリズムを刻み出します!

TakaraMondo

ステージ(ジャンベ)と客席(拍手)のかけあいもあり、最後は客席を巻き込んでの 大盛り上がり大会!拍手喝采のうちに1999年のNNGは幕を閉じたのでした。 あー楽しかった!

No Nukes Gig 1998

1998.9.11

at 北沢タウンホール

*各コメントは入場者の方々の 感想のアンケートから転載しました。

ガムランゴング

中田一子:うた、福沢達郎:クンデン&ピアノ、森岡真理子:グンデル
桜井 陽:スルントゥム&クモドン&ヴァイオリン、作草夏美:踊り

「歌いながらの見事なハンマーさばきは感心しました。ジャワ語で何を唄っているのか わかんないので、本当に感覚だけで味わうって感じですね。のほほんでした。」

BOSSA51

小嶋佐和子:ヴォーカル、高橋直人:ギター、富樫善弥:パーカッション、
助川久美子:ベース、山本ヤマ:トランペット、工藤恭彦:ドラムス

「ベースの上手い女性ははじめて見ました。ペットのJAZZっぽいリフ、いいですねぇー。おみごと。」

知久寿焼

「聴いてて笑っちゃう歌って今どきあんまりないのでいいですね。 「ゆるしてあげる」が良かった。」

知久寿焼

瀬木貴将セッション

瀬木貴将:サンポーニャ&ケーナ、ヤヒロトモヒロ:パーカッション
山木秀夫:ドラムス、井上鑑:キーボード

「人間技じゃない4人。すごいのひとこと。」「瀬木さんステキでした。これにつきます。」

瀬木貴将セッション

瀬木貴将セッション

瀬木貴将セッション